漢字検定 勉強方法 > 漢字検定の合否発表

漢字検定の合否発表

漢字検定を受けた場合、合否の発表はいつ分かるのかという質問が日本漢字能力検定協会に寄せられる事が多いそうです。
調べてみますと、合否結果は公開会場受検の場合でしたら、受検してから約40日で郵送されるのだそうです。
学校などの準会場の場合でしたら、担当の先生宛てに受検後約40日で送付されます。
その後、生徒に配布されるので少し時間がかかるかと思います。
合格か不合格かの知らせは、受検者全員に届くとの事です。
合否結果サービスというものが日本漢字能力検定協会のホームページを見るとあります。
このサービスを利用できる場合は、受検後約30日で合否のみを確認する事ができます。
郵送される合否の知らせですが、合格の場合でしたら合格証書が同封されています為に、大きい郵便物となります。
不合格の場合でしたら、不合格と書かれた用紙のみですので、小さくて薄い郵便物なのだそうです。
郵便ポストを覗いただけで分かってしまうなんて、何とも言えない思いではないでしょうか。
漢字検定2級の合格率は25%前後と言われています。
4人に1人しか受からない計算ですが、その1人が自分である為に試験対策や勉強をするのです。
学生でない方は、学生の頃のテスト勉強を思い出して懐かしくなると言います。
自分のスキルアップになるのは間違いない事実です。
漢字検定を受けようと思っている方は、2級を目標にしている方が多いです。
2級レベルで社会的に認められるからなのでしょう。