漢字検定 勉強方法 > 漢字検定の模擬試験

漢字検定の模擬試験

財団法人日本漢字能力検定協会のホームページで漢字検定の模擬試験を行える事をご存知でしょうか。
自分の今の実力を知る事が出来るので、力試しをすると良いと思います。
やり方は簡単です。
http://www.kanken.or.jp/をアクセスすると「25万人の漢検 財団法人日本漢字能力検定協会 日本漢字能力検定」というトップページが開きます。
ここでは、漢字検定の為の教材を紹介していたり、合格者の体験談が読めたりします。
その中に漢検模擬試験を受けられるページがあるのです。
模擬試験を受ける為には会員登録が必要ですが、無料ですし短時間で登録が完了しますので、ご自分がどの位のレベルなのかを知りたい方は登録して模擬試験を受けてみましょう。
また、漢検CBTというシステムもあります。
この漢検CBTとは、コンピューターを使用して日本漢字能力検定を受検する事が出来るシステムです。
合格すると、会場で行っている漢検と同じ資格を取る事が出来るのです。
紙で行う試験と比較して、メリットを感じる方、逆にデメリットを感じる方もいます。
メリットは、自分の手で書くよりもキーボードを入力した方が速い方は、その分だけ解答時間が短くて済む事です。
デメリットは、キーボードへの入力やマウスの操作の経験が少なく苦手な方には、逆に回答時間が長くなってしまう事でしょう。
全国でも、まだ漢検CBTが受けられる場所は少ないですが、今後拡大していく予定だそうです。